ブログ

1月
21

当たり前のことが当たり前でなくなるとき…

作者: Zhu Ziqi | 2021年1月21日Posted in: フィールドレビュー

みなさまこんにちは。今回のフィールドレビューを担当いたします、修士課程1年の朱です。先日、いつも使っている映画情報サイト(映画.com)のホームページで、ある映画の情報が目に飛び込んできました。1月23日に公開される予定の映画ですが、なんだか見覚えがあるような感じがしました。詳しく見たら、おととし(2019年)に見たNHKで放送されたテレビドキュメンタリーではないか!と、びっくりしました。

1月
15

「DOUBLE FANTASY」にダブルで訪れて

作者: Kodama Mei | 2021年1月15日Posted in: フィールドレビュー

こんにちは。今回のフィールドレビューを担当いたします。修士1年の小玉です。

すでにいろいろなところで宣伝されていますが、2020年10月からソニーミュージック六本木ミュージアムで、ジョン・レノンとオノヨーコの半生が綴られた展覧会「DOUBLE FANTASY」が開かれています。最近、延長が決定し、2021年2月18日まで開催されるそうです。私は去年11月に行ってきました。

1月
09

年納めドキュメンタリー映画鑑賞記

作者: Morita Noriko | 2021年1月09日Posted in: フィールドレビュー

あけましておめでとうございます。2021年最初のフィールドレビューは、博士課程の森田がお届けします。コロナ禍の年末年始となりましたが、皆さんはどのように過ごされたでしょうか?私は、いくつか気になるドキュメンタリー映画が年内で上映終了だったため、しっかり感染対策をして鑑賞してきました。今回はそのうち2作品を紹介したいと思います。

12月
30

諸分野入門としてのドキュメンタリー

作者: Handa Souya | 2020年12月30日Posted in: フィールドレビュー

みなさんこんにちは。今回のフィールドレビュー担当、丹羽研究室修士課程1年の半田です。私はこの記事を年の瀬に執筆していますが、皆さんがこれを読んでいるのはもしかすると新年かもしれませんね。みなさん、よいお年を。あるいは、あけましておめでとうございます、今年は明るい一年となりますように。

さて、今回は丹羽研究室の活動紹介を兼ねて、あるプロジェクトを通して得た私の学びについて綴ってみたいと思います。

12月
14

毎日放送「映像」シリーズ40年

作者: Niwa Yoshiyuki | 2020年12月14日Posted in: テレビアーカイブ

大阪の毎日放送(MBS)が1980年から制作・放送しているドキュメンタリー番組「映像」シリーズが今年で40年目を迎えました。関西エリアのみの深夜ローカル放送ながら(それゆえに?)、骨太なテレビ・ジャーナリズムを貫いてきたシリーズとして、高く評価されています。

11月
19

『西野ン会議』が意味すること

作者: Kim Hyejoo | 2020年11月19日Posted in: フィールドレビュー

こんにちは、今回のフィールドレビューは博士課程のキムがお届けします。皆さん、フジテレビドラマ『世にも奇妙な物語』シリーズはお好きですか。私はホラーは怖くてあまり見ない派なのですが、このシリーズは大好きです。内容も斬新で、見た後一回考えさせられるところも好きです。

11月
10

「バブル」の外へ

作者: Zhu Ziqi | 2020年11月10日Posted in: フィールドレビュー

初めまして、今回のフィールドレビューを担当いたします、修士1年の朱です。みなさん、「練り込み」という陶芸の技法をご存知ですか?「練り込み」は陶芸の伝統的技法のひとつで、約1300年の歴史も持っています。日本では主に愛知県瀬戸市を中心に発展してきました。私はついこの間、たまたま見たテレビのバラエティ番組で初めて「練り込み」のことを知りました。