9月
06

震災報道の検証、第2弾!

作者: Niwa Yoshiyuki | 2011年9月06日Posted in: その他

「GALAC」の2011年10月号が発売されました。今月号の特集は、先月に引き続き「検証!東日本大震災とメディア(後編)」です。NHKや民放キー局の報道責任者が、震災報道の反省点や見えてきた課題について率直に語っています。

座談会では、NHK黄木氏の「マニュアル通りにできた。だが、それを超えられなかった」という言葉が実に印象的でした。このほか、外国メディアの駐日特派員たちが見た東日本大震災など、様々な視点から震災報道を検証しています。

「GALAC」の詳細はこちら
http://www.houkon.jp/

GALAC201110

検証!東日本大震災とメディア(後編)

メディアは東日本大震災をどう伝えたか?[座談会]
 黄木紀之(NHK)
 谷原和憲(日本テレビ)
 清水正樹(フジテレビ)

駐日特派員10人に聞く
外国メディアが見た東日本大震災
 山田賢一 (NHK放送文化研究所)

震災報道への注文・提言
被災地で活動する眼から見えたメディア
 中手聖一(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク)
 吉富志津代(エフエムわいわい)
 熊谷ともみ(フリーライター)

テレビの震災報道を検証する
映像の可能性を駆使して持続的な報道を
 小林直毅(法政大学)