1月
21

公開講座「木村栄文レトロスペクティブ」

作者: Niwa Yoshiyuki | 2012年1月21日Posted in: テレビアーカイブ

2011年山形国際ドキュメンタリー映画祭のテレビ・ドキュメンタリー特集で大きな注目を集めた木村栄文の作品群が、2012年2月11日(土)から3月2日(金)まで、東京のオーディトリウム渋谷で公開されます。

2011年3月に亡くなった木村栄文は、RKB毎日放送(福岡)の名物ディレクターでした。『苦海浄土』(1970)、『まっくら』(1973)、『鉛の霧』(1974)、『あいラブ優ちゃん』(1976)など、数多くの優れたドキュメンタリー番組を残し、多くの制作者たちに影響を与えました。

その自由で型破りな作風、人間の美しさ・哀しさ・可笑しさを見つめる眼差しは、いま見ても新鮮な驚きに満ち溢れています。これだけまとまって彼の作品を見られる機会はめったにありません。ぜひお見逃しなく。

ちなみに毎週土日には多彩なゲストを迎えてトークショーも開催します。私も2月12日(日)にTBS「報道特集」キャスターの金平茂紀さんと対談します。

公開講座「木村栄文レトロスペクティブ」
2012年2月11日(土)ー3月2日(金)
オーディトリウム渋谷、当日=1500円、前売り1回券=1200円、前売り5回券=5000円
主催:RKB毎日放送、映画美学校、東風
協力:山形国際ドキュメンタリー映画祭、座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル、東京大学丹羽美之研究室

木村栄文レトロスペクティブ公式ウェブサイトはこちら
http://kimura-eibun.com