10月
23

セミナー「”戦後75年”広島、長崎、沖縄…」

作者: Niwa Yoshiyuki | 2020年10月23日Posted in: テレビアーカイブ

2020年11月21日(土)に、放送番組センター等の主催でオンラインセミナー「番組アーカイブの意義と未来への活用2020〜”戦後75年”広島、長崎、沖縄からの報告〜」が開催されます。私(丹羽)も登壇予定です。奮ってご参加ください。

オンラインセミナー「番組アーカイブの意義と未来への活用2020〜”戦後75年”広島、長崎、沖縄からの報告〜」

本年は「戦後75年」の節目の年です。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、平和祈念式典なども縮小されましたが、多くの放送局で“戦争を忘れない”“平和の尊さを伝える”番組が多数制作されました。今年度の公開セミナーは、広島、長崎、沖縄の制作現場で戦争を伝える番組作りに取り組んでいる制作者を招き、戦争や平和への思い、映像アーカイブの意義、放送番組センターの利活用サービスの今後の展望と可能性などについて、お話いただきます。アーカイブ資料や放送番組の利活用に関心をお持ちの方、教職員や学生の皆さんをはじめ、多くの方々の参加をお待ちしています。今回のセミナーは、オンラインで実施します。今まで、遠方で出席がかなわなかった方もぜひご参加ください。

日 時:2020年11月21日(土)14時~16時
形 式:「Zoom」ウェビナーを利用したオンラインセミナー

登壇者:
友定真治(中国放送 報道制作局 報道制作センター 部次長)
佐藤有華(テレビ長崎 報道制作局 報道部 記者)
山里孫存(沖縄テレビ放送 報道制作局 局次長)
丹羽美之(東京大学 大学院情報学環 准教授)
※都合により、予告なく変更する場合がございます。

司 会:
音 好宏(上智大学 文学部新聞学科 教授)

主 催:(公財)放送番組センター、上智大学メディア・ジャーナリズム研究所
参 加:無料(定員200名)

応募はこちらから