9月
18

シンポジウム「時代の目撃者」

作者: Niwa Yoshiyuki | 2015年9月18日Posted in: テレビアーカイブ

下記の要領でNNNドキュメント共同研究のキックオフ・シンポジウムを開催します。お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

NNNドキュメント共同研究プロジェクト 発足記念シンポジウム
「時代の目撃者―NNNドキュメントの45年」のお知らせ

日時:2015年10月10日(土)、13:30-17:30(開場は13:00)
場所:東京大学本郷キャンパス 情報学環福武ホール 福武ラーニングシアター(B2F)

定員:180名(参加無料・申込み不要)
主催:東京大学大学院情報学環

概要:
日本のテレビで最も長い歴史をもつドキュメンタリー番組NNNドキュメント・シリーズ。そのアーカイブ活用の可能性を探る新しいプロジェクトが始まりました。これを記念して、プロジェクトの目的や活動、課題や展望を考えるシンポジウムを開催します。

NNNドキュメントは、日本テレビ系列の29局が制作するドキュメンタリー番組です。1970年の放送開始以来、40年以上にわたって現代日本を見つめてきました。これまでに制作した本数は2200本以上。この番組からテレビ史に残る名作、個性的な作り手が数多く生まれました。

また地域密着もNNNドキュメントの魅力のひとつです。全国のローカル・テレビ局がそれぞれの地域の課題に向き合い、息の長い取材を続けてきたという意味で、NNNドキュメントはローカル・ジャーナリズムの歴史そのものであり、地域社会の貴重な記録でもあります。

いま、それらのひとつひとつを改めて見直すことで何が見えてくるのか。今回のシンポジウムでは、番組上映とトーク、研究者・制作者との対話から、「時代の目撃者」としてのNNNドキュメント、さらにはテレビアーカイブの意義や可能性について考えます。

プログラム:
13:00- 開場
13:30- 開会
13:40- 番組上映とトーク(80分)
      『ふたりの桃源郷〜最終章〜』(2013年、46分、山口放送)
      佐々木聰(山口放送)
15:00- 休憩(20分)
15:20- 報告(50分)
      丹羽美之(東京大学)
      瀬尾華子(東京大学)
      鈴木麻記(東京大学)
16:10- パネル討論(80分)
コーディネーター:藤田真文(法政大学)
      伊藤純(NHKエンタープライズ)
      佐々木聰(山口放送)
      谷原和憲(日本テレビ)
      丹羽美之(東京大学)
17:30- 終了

問い合わせ:
東京大学情報学環丹羽美之研究室
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。