10月
01

第20回「みんテレ」のお知らせ

作者: Suzuki Maki | 2016年10月01日Posted in: テレビアーカイブ

テレビアーカイブ・プロジェクトでは、第20回「みんなでテレビを見る会」を下記のとおり開催いたします。お誘い合わせの上、ご参加いただければ幸いです。

第20回 みんなでテレビを見る会
「NNNドキュメントとの対話(3) 終わらないアジアの『戦後』を見つめて」

日 時:2016年10月27日(木)18:00-20:30(開場17:30)
場 所:東京大学本郷キャンパス 工学部2号館9階92B教室
          http://media-journalism.org/access
定 員:80名(当日先着順)、参加無料・申込不要

上 映:NNNドキュメント'95『シリーズ・戦後50年目の夏に① 悲劇の泰緬鉄道』
          (日本テレビ、55分、1995)
ゲスト:鈴木鉄郎さん(元日本テレビ)
司 会:丁智恵(東京大学)

内容:
テレビアーカイブを活用して、みんなでテレビ番組を見て、語り合う連続ワークショップ。今回は「終わらないアジアの『戦後』を見つめて」と題して、日本テレビ(NTV)が1995年に制作した戦争関連番組を上映します。

今から20年余前の1995年は戦後50年の節目の年であり、マスメディアでは終戦記念日特集が数多く組まれました。NNNドキュメントでも、この年の夏、様々な角度から戦争・戦後を振り返る番組が放送されました。

今回はその中から、アジアの終わらない「戦後」を見つめた貴重な作品『悲劇の泰緬鉄道』を上映します。映画「戦場にかける橋」で脚光を浴びた泰緬鉄道は、日本軍がタイとビルマを結ぶために建設した軍用鉄道であり、その建設の裏で多くの犠牲者を出しました。

ゲストには、この番組のディレクターであり、70年代からベトナム戦争、アジア、沖縄、また国内の公害、貧困、核などをテーマに番組制作に取り組んできた鈴木鉄郎さんをお招きします。どのような番組作りを心がけたのか、その制作にまつわるエピソードについてお聞きします。

主催:
テレビアーカイブ・プロジェクト(東京大学情報学環丹羽研究室)
NNNドキュメント共同研究(科研費26285106)

お問い合わせ:
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。