11月
14

NHKと新番組を開発しよう

作者: Matsuyama Hideaki | 2016年11月14日Posted in: メディアスタジオ

特任助教の松山です。みなさんは、「TVフォーマット」をご存知ですか?バラエティ番組など、多くのTV番組には「フォーマット」があります。この「フォーマット」は海を越え、各国のTV局間で売買されています。たとえば、かつてフジテレビで放送されていた『クイズ$ミリオネア』は、イギリスITV『Who Wants to Be a Millionaire』の輸入版です。

今学期、この「TVフォーマット」を開発する講義が、学際情報学府で開講されています(「メディアスタジオ実習II」)。NHKの渡邊悟さんをお招きし、実際に新番組を開発しようという講義です。渡邊さんは、NHK『あさイチ』などを担当する現役のプロデューサーです。

まず、講義では、TVフォーマットの定義や種類、ビジネスの現状について学んでいきます。そして、受講生で企画開発し、学期の終わりに一つの番組を制作します。今年度は「情報学環メディアスタジオ」が新設されたこともあり、実際にスタジオを使って制作する予定です。

先日、渋谷のNHKでも講義が行われました。渡邊さんが制作統括をした新番組『シンデレラ・テクノロジー』を視聴し、この番組のディレクターである石澤かおるさんから開発秘話を聞き、みんなでディスカッションしました。

この番組は、Youtuberである「先輩シンデレラ」が、オンライン上で10人の女性にメイクの指導をしていく番組です。まるで『新世紀エヴァンゲリオン』のゼーレの会議ように、スクリーン上の10人が先輩シンデレラを囲むセットデザインが見ものです。この日は、最後に『あさイチ』のスタジオも見学して、解散しました。

今学期の終わり、受講生たちによる番組が出来あがった頃に、またご報告できればと思います。


 

TVproduction2