テレビアーカイブ

日本でテレビ放送が始まって半世紀以上が経ちました。ドキュメンタリーやドラマ、ニュースやスポーツ、バラエティや歌番組、アニメやCMなど、これまでに膨大な数のテレビ番組が制作・放送されてきました。これらの番組はテレビ史の貴重な記録であると同時に、時代を映し出す鏡でもあります。

テレビアーカイブ・プロジェクトは、アーカイブに保存されたこれらのテレビ番組を改めて見直し、テレビの歴史を様々な角度から検証することを目的としています。放送局や各種アーカイブ、ライブラリーや博物館と連携しながら、テレビアーカイブを用いた多様な研究・教育の可能性を探っていきます。

具体的には、①テレビアーカイブの横断的なネットワークの形成、②テレビ番組を用いた様々な研究・教育の実践、③シンポジウムや特集上映会による成果の発信と公開、などに取り組んでいきます。これらの活動を通じて、テレビ番組がもつ多様な可能性を引き出し、新たなテレビ研究の創造・発信拠点を作り出していきます。

サブプロジェクト
・ みんなでテレビを見る会
 (2011年度-継続中)
・「脚本クロニクル」サイト構築とその教育活用および国際発信
 (2017-2020年度、科学研究費助成事業(基盤B)、研究代表者:藤田真文/法政大学)
・ テレビアーカイブに見る戦後日本イメージの形成と変容
 (2014-2017年度、科学研究費助成事業(基盤B)、研究代表者:丹羽美之)
・ 放送ライブラリー公開番組の教育活用プロジェクト
 (2014年度、放送番組センターとの共同研究)
・ NNNドキュメントで見る現代日本
 (2013-2014年度、NNNドキュメントとの共同研究)
・ 脚本アーカイブズ教育活用研究会
 (2013年度、日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム)
・ テレビ文化アーカイブズの構築ーテレビ番組研究・テレビCM分析を統合する視点の探求
 (2012-2015年度、科学研究費助成事業(基盤B)、研究代表者:石田佐恵子/大阪市立大学)
・ NII研究用テレビジョン放送アーカイブを用いた東日本大震災の社会的影響の学術的分析
 (2011-2012年度、国立情報学研究所との共同研究)
・ 映像アーカイブのワークショップ型活用法の開発
 (2011年度、川崎市市民ミュージアムとの共同研究)
・ アーカイブを用いたテレビ・ドキュメンタリー史研究
 (2009-2010年度、NHK放送文化研究所との共同研究)

テレビアーカイブ関連施設・サイト(国内)
NHKアーカイブスNHKクロニクル学術利用トライアル
放送ライブラリー
日本民間放送連盟
川崎市市民ミュージアム
日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム脚本データベース
早稲田大学演劇博物館
テレビドラマデータベース
アドミュージアム東京
京都精華大学テレビCMデータベース
萬年社コレクション
国立情報学研究所(NII)
国立国会図書館

テレビアーカイブ関連施設・サイト(海外)
BBCテレビアーカイブ
イギリス映画協会(BFI)
フランス国立視聴覚研究所(INA)
ペイリーセンター
UCLA映画テレビアーカイブ
ヴァンダービルト大学テレビニュースアーカイブ
TV News Search & Borrow(インターネット・アーカイブ)
韓国映像資料院

ブログの関連記事へ