東日本大震災とメディア

2011年3月11日に発生した東日本大震災は、地震・津波・原発事故によって、各地に甚大な被害をもたらし、その影響は現在もなお続いています。このプロジェクトは、この未曾有の大震災にメディアがどのように向き合い、何をどう伝えたかを検証することを目的としています。

これまで経験したことのない大震災にテレビやラジオはどう対応したのか。各地で開設された臨時災害放送局は地域でどんな役割を果たしたのか。原発事故の伝え方に問題はなかったか。首都圏のローカル情報は十分に伝えられたのか。外国メディアは震災をどう伝えたか。復旧や復興の過程でメディアに求められる役割とは。

放送局や制作者への聞き取り調査、実際に放送された報道・番組内容の分析を通して、メディアが東日本大震災をどのように伝えたのかを検証します。メディアやジャーナリズムが果たした意義や役割、課題や問題点を明らかにすると同時に、将来の災害報道のあり方についても提言することを目指します。

このプロジェクトは、公益財団法人放送文化基金による2011年度委託研究「メディアは東日本大震災をどう伝えたか」(研究代表者:丹羽美之)、2012年度助成研究「続・メディアは東日本大震災をどう伝えたか」(同上)の助成を受けています。

研究成果として、研究報告会「東日本大震災とメディア」(公益財団法人放送文化基金主催、2012年3月2日、海運クラブホール)、「3.11とメディアのこれから」(公益財団法人放送文化基金、2014年3月7日、海運クラブホール)で報告を行ったほか、丹羽美之・藤田真文編『メディアが震えた テレビ・ラジオと東日本大震災』(東京大学出版会、2013年)を刊行しました。

「東日本大震災とメディア」研究会
丹羽美之(東京大学)/市村元(関西大学)/小林直毅(法政大学)/林香里(東京大学)/藤田真文(法政大学)

higashinihon daishinsai

ブログの関連記事へ