修士課程


陳京雅(JIN KYOUNG A)

韓国からの留学生です。学部時代は言論情報学と美学を専攻していました。日本のマスメディアにおけるセクシュアル・マイノリティの表象について関心を持っています。修士課程では特にマツコ・デラックスに注目し、そのキャラクターが「他者」として再現される側面と、従来のジェンダー秩序を攪乱する側面との両方を見ていきたいです。


久野美菜子(KUNO MINAKO)

私は映像メディアと報道、とりわけ調査報道に強い関心を持っています。近年、調査報道は経済的不合理や権力との衝突をさけるために縮小しつつあると言われていますが、その一方で海外では新たな調査報道の担い手として非営利メディアが台頭しつつ有ります。日本における非営利メディアによる調査報道の今後の可能性に関して、メディアの持つ経済的、機能的性質を分析し研究していきたいと考えています。


渡辺千弘(WATANABE CHIHIRO)

差別的な出版物が生まれるプロセスや、その社会的影響に関心があります。昨今の報道を賑わせたいわゆる「ヘイト本」をはじめ、「出版と差別」というテーマは古くから存在する問題である一方、非常に今日的でもあります。学部時代の専攻である社会学は勿論、研究生活と並行して出版社に勤務する自身の立場を活かして、多角的なアプローチができればと考えています。


荒井俊(ARAI SHUN)

学部のゼミでは哲学を学んでいましたが、人文社会科学一般が社会とどう関わってきたか、あるいはどう関わっていくのかということに関心が移り、大学院ではその問いに基づき、両者の媒介たるメディアに対象を絞って研究を進めています。科学技術社会論や個別のディシプリンでなされている学問と社会との関わりに関する議論などを参照しつつ、一方でテレビ番組における「教養番組」という様式をその実践の一つの場として評価できないかと考えています。 


今枝翔太郎(IMAEDA SHOTARO)

学部卒業後、社会人を経て学際情報学府に入学しました。学部時代の研究テーマはファシズムの国際比較でしたが、修士課程では1930年代の日本の社会情勢に着目したいと思っています。研究では、当時の人々が報道をどのように受け止めていたのか、ということに焦点を当てたいと思っています。具体的な研究方法についてはまだ模索中ですが、一般の人々の日記や手記を分析対象にしたいと思っています。


武田尚子(TAKEDA SHOKO)

民主主義のプロセスを支えるメディアの公共的役割について関心をもっています。わたしたち市民が主体的に政策決定にかかわっていくために、メディアの伝える情報は欠かせません。特に選挙報道では、何が、どれだけ、どのような切り口で伝えられるかは世論形成や投票行動に大きく影響します。わたしは特定の選挙や具体的争点についてのテレビ報道に焦点を当てながら、市民に十分な判断材料を提供しているか、という観点から報道の在り方を中心に研究を進めたいと考えています。


堀越伶(HORIKOSHI REI)

私はドキュメンタリー映像が人々の<日常>をいかに描いてきたかということに興味があります。本学に入学する前に行なっていた自主制作活動やドキュメンタリー監督のもとでのアシスタント活動といった実践の経験も生かして、ドキュメンタリー映像制作における方法論の研究を行う予定です。具体的には、撮影対象に対する長期的なアプローチが可能なテレビドキュメンタリーを対象として考えています。