准教授


丹羽美之(NIWA YOSHIYUKI)
/ 東京大学大学院情報学環・准教授

略歴
1974年生まれ。東京大学法学部を卒業後、NHKディレクター、大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得退学、法政大学社会学部准教授を経て、2008年より現職。
 
専門 メディア研究、ジャーナリズム研究、ポピュラー文化研究
 
活動 日本社会学会会員、日本マス・コミュニケーション学会会員、NPO法人放送批評懇談会常務理事、テレビ朝日番組審議会委員、NHKアーカイブス学術利用トライアル審査委員、文化庁芸術祭(テレビドラマ部門)審査委員、放送文化基金賞(テレビエンターテインメント部門)専門委員、ギャラクシー賞報道活動部門委員長など。
 
著書 テレビ・ドキュメンタリーを創った人々』(共著、NHK出版、2016)
ひとびとの精神史 第5巻 万博と沖縄返還』(共著、岩波書店、2015)
記録映画アーカイブ2 戦後復興から高度成長へ』(共編著、東京大学出版会、2014)
メディアが震えた テレビ・ラジオと東日本大震災』(共編著、東京大学出版会、2013)
テレビの未来と可能性』(共著、高橋信三記念放送文化振興基金、2013)
記録映画アーカイブ1 岩波映画の1億フレーム』(共編著、東京大学出版会、2012)
対話としてのテレビ文化ー日韓中を架橋する』(共著、ミネルヴァ書房、2011)
放送メディア研究 8(始動するアーカイブ研究)』(共著、丸善出版、2011)
社会学ベーシックス6 メディア・情報・消費社会』(共著、世界思想社、2009)
近代日本メディア人物誌』(共著、ミネルヴァ書房、2009)
映像編集の理論と実践』(共編著、法政大学出版局、2008)
テレビだョ!全員集合』(共著、青弓社、2007)
メディア・コミュニケーション』(共著、法政大学出版局、2005)
クイズ文化の社会学』(共著、世界思想社、2003)
『メディア文化の権力作用』(共著、せりか書房、2002)ほか