12月
15

親密なアーカイヴ【講演会のお知らせ】

作者: Matsumoto Atsushi | 2014年12月15日Posted in: フィールドレビュー

今回のフィールドレビューは、博士課程の松本篤が担当します。来たる2014年12月20日(土)、香川県の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(MIMOCA)において、『親密なアーカイヴ―私たちの記憶・記録』と題した講演会が催されます。

日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴという活動に取り組んでおられる池上裕子先生(神戸大学国際文化学研究科准教授)のご発表とあわせて、松本も『「私」からはじまるアーカイブ』というタイトルで発表します。

取り組みの成果や目下考えていること、次に取り組むべき課題について等、お話させていただきます。ご関心のある方、お近くの方は、詳細をご確認いただき、ぜひ会場までお越しください。

【MIMOCA講演会】親密なアーカイヴ―私たちの記憶・記録

http://www.mimoca.org/ja/events/2014/12/20/1250/

https://www.facebook.com/events/1586059834956644/permalink/1586059838289977/

なお、講演会に先駆けて、12月初旬に丸亀市にて滞在調査を行いました。かつてのまちなみや暮らしぶりが記録された8ミリフィルムを収集するためです。発掘された映像は、講演会内にて上映する予定です。

 

フィルム所有者のご自宅に映写機を持ち込み、フィルム状態を確認しながら即席の試写会を行いました。実際にどんな映像がスクリーンに映されるのか、当日のお楽しみです。ぜひ会場でご覧になってください。